先輩社員の声STAFF INTERVIEW

線路を造り上げたという達成感

30歳 入社 8 年目

山田YAMADA

役職:軌道作業責任者

現在の仕事内容を教えてください。

東海道本線における保線工事の軌道作業責任者をしています。

軌道作業責任者とは主にどのような仕事をするのですか?

日々の 施工検討と 施工指示 、 安全管理 等 を行っています。 具体的には当日従事する社員の労働災害防止や作業指示を出しています。

指揮する作業員は一日で何名くらい居るのですか?

少ない時は10 名程度ですが、多い時は 60 名を超える時もあります。

その日やるべき仕事が終わらない時ってあるのですか?

それはありません笑 決められた施工は時間内にやり切ります。 ただトラブル等で予定通り進まない時もありますが、 事前に練られたトラブルシューティングで対応します。

その日やるべき仕事が終わらない時ってあるのですか?

それはありません(笑)決められた作業は必ずやり切ります。ただ、最初に考えていた予定よりも時間がかかってしまうときがあります。そういう時には遅れている作業箇所に人を増やすなど、配置を変えたりして遅れを取り戻します。

決められた時間内にやり切らないといけないのは責任重大ですね。

はい。その日の作業を全て終えて、初列車朝一番の列車 が無事に通過するのを見るとホッとしますね。

作業員に指示する上で何か気を付けている事はありますか?

ただ指示するだけでなく、何故やらなければならないかの理由を説明するようにしています。 機械的に指示されるだけでは相手も嫌でしょうし、内容も説明してあげればやらされている感も無くなり理解度も深まると思います 。

仕事をしていて達成感を感じるときってありますか?

工事によっては数ヶ月に及ぶ施工もあるのですが、それが完工した時ですね。 線路を造り上げたという達成感や充実感を味わえますね。